やっぱり気合です

まるで陶器のような美しいデザインの家電ブランド「アテハカ」。カフェ、レンタルスタジオ、ギャラリーなどを内包する、泊まるだけに留まらないホテル「クラスカ」。その両方をなんと同じデザインレーベルが手掛けている。家具、インテリア、建築、都市計画のデザインまで、幅広く活躍する「インテンショナリーズ」代表の鄭秀和氏へのインタビュー。

折り曲げ、自由自在。

オフィスにやたらと増えるACアダプター。大きいものを並べてタップに挿そうとすると、お互いの幅が邪魔して入らない! なんてイライラしてしまう。でももうそんな心配はいりません。

生きている壁、まゆのような個室

新しい発想のためには、リラックスと集中、どちらも必要だ。 ふたつを兼ね備えたオフィスがヨーロッパ北東部の国、リトアニアにある。

過去と未来の融合

白い壁とガラスの間仕切りが印象的なこのオフィス。まるで宇宙船のような近未来的な印象ですが、なんと実は、19世紀に建築された貴族の別荘を改築してつくられているのです。

USB? スピーカー? いえいえ。

これはいったい何でしょう。大きさとカタチからはUSBメモリを連想させますが、どうやら違うみたい。小さな穴がたくさん空いているから、スピーカー? いえいえ、仕事の時間をほっと和ませてくれる、アレに使うものなのです。

鎌倉に旅する仕事場を持つ

旅は私達に新鮮な発見を与えてくれます。新しいアイデアが欲しい? それなら思い切って、仕事場も旅する気分で選んでみてもいいかもしれません。

「納品書在中」も可愛らしく。

赤い文字で四角い枠に囲まれた「納品書在中」のスタンプはお馴染みですね。でも時には気分を変えて、こんな可愛らしいハンコを使ってみるのはいかがでしょうか。