タイプライターのあの感触をもう一度

何とも可愛らしいレトロなキーボードが登場した!

自分好みの光を求めて

白い外観に小判形の窓が散りばめられたこちらのオフィス。ミニマムな1棟ビルの中には、光をキーワードとした多様な空間が広がっていた。

Co-Working in Mexico

料理人が素材の味を活かして料理をつくるように、空間が持つ魅力を引き出すオフィスづくりがあるみたい。

Co-Working in London

ロンドンの郊外に生まれたクリエイティブハブ「CENTRAL PARADE」。その内部には、コワーキングスペースの他、街に開かれたベーカリーカフェまで!

曲面のポテンシャル。

アーチが織り重なる白い天井。オフィスらしからぬ優雅な印象だが、使い方次第ではオフィスのイメージをガラリと変えるキラーコンテンツに!?

緑を纏った秘密基地?

インテリアに緑を取り入れるのは洒落たオフィス空間の常識になりつつあるが、こちらのオフィスは何やら様子がおかしい。。。

“調和”ってこういうことか。

そう思わせてくれるのが、スペイン・マドリードにある、倉庫をリノベーションしたこちらのオフィス。

歴史に敬意を表して

100年前の建物のリノベーション。ついつい守りに入ってしまいそうだが、、、。

ワークスペースの面構え

オフィスを見れば、その会社のクリエイティビティが一目瞭然?

この裏切りモノ!

入口の形やギミック、素材の扱い方からして、ただモノではない雰囲気が感じられるこちらのオフィス。その扉の向こうには、何かと期待を裏切る素敵な空間が広がっていた。

世界一、自由な時計

着せ替え人形成らぬ、着せ替え時計がこちら!

そのとき、スヌーピーは何を思う

相棒、パートナー、よき理解者。ひとことも言葉を話さないのに、その存在だけで十分私たちの役に立ってくれる存在。それがペットである。

夢広がる…

海辺×倉庫×リノベーション。3つの単語を並べただけで素敵な空間が想像できそうだが、サンフランシスコ湾に面するこちらのオフィスはポテンシャルの格が違うようだ。

ゴジラがいるのに落ち着いた職場?

レジェンダリー・エンターテイメントのオフィスはL.A.にある。フロントでは巨大ゴジラがお出迎え!

ひつじのショーン並み?ウール素材の出来るヤツ!

大人になって、鉛筆を持つ機会が減ったという人も少なくないのでは?

世界一、ジューシーなメモ帳!

もしも職場に菜園があれば、仲間と野菜や果物を分け合う機会に恵まれ、職場は自然と楽しい空気感に満たされるもの。だって、食べることは誰でも好き!

スペースを組み立てる?

ベルギーのデザインスタジオが作成したスタイリッシュなこちらのツール。何やら多彩なスペースを生み出す優れモノなのだとか。

それは“明暗”だ!

歴史ある建物のリノベーションでは、手を加え過ぎて凡庸な空間になってしまうことも。そんな中、中国のとある街に誕生したこちらの素敵オフィス。その明暗を分けたのは…。

オフィスで晩餐会?

スペインのマドリードに誕生した気品漂うこちらのオフィス。写真からもお察しのとおり、なんとリノベーション前は宮殿だったという。

線引きの美学

扉ってそもそも必要?ブルガリアの建築家が手がけた空間には、いわゆる“普通”のオフィスと一線を画するアイデアが散らばっていた。

さよならメジャー...

“測定”の概念を変えた?スタイリッシュなペンに見えるこちらのアイテム。実は転がすだけで長さを測れる魔法のスティックなのだ。

その多様性や良し。

世界的なハンドメイドマーケットを展開する「Etsy(エッツィ)」。そのブルックリンの本社オフィスは手づくりの魅力を伝える企業らしい空間だ。

集中力を持続せよ!

まるで遊園地?ロンドンのデザイン会社が手がけたテーブル&チェアは、長引きがちなミーティングを一変する救世主になるかもしれない。

適Light適所

せっかくお洒落な内装に仕上げても、色気のない蛍光灯じゃもったいない。空間には、その空間にふさわしい照明がきっとある。

既成概念に風穴を。

「これまでの考えにとらわれるな。」クリエイティブの分野でよく耳にするこの言葉を体現したようなユニークな空間(?)が中国で生まれた。

旅するように働くオフィス

これぞ究極のフリーアドレス?アイルランドの首都ダブリンに誕生したairbnbのオフィスは、大学のキャンパスのような自由度の高い空間だ。

ツイッター×有機庭園!

天井から木が生えているように見えるこの職場。サンフランシスコにあるツイッターの本社オフィスである。

フェイスブックのArtists-in-Resid...

アーモリー・ショー(Armory Show)を始めとする大小様々なアートフェアが年中開催される国、アメリカ。ストリートアートも盛んなこの国にとって、芸術はとても身近な存在だ。

ホッとするスポット

オランダのデザイナー、ヨープ・ファン・リースハウトが1990年代の終わり頃にデザインした、個人用ワークスペース『AVL スカル』がこちら。

納車されるオフィス?

キャンピング系のトレーラーをコンパクトなオフィスに改造したものはよく見かけるけど、今回ご紹介するトレーラーはこれまでとはちょっと違う?