無駄ナシ電気ポット

電気ケトルやヤカンでお湯を沸かすとついつい多めに水をいれてしまい、電力を消費するし、水も無駄にしてしまいますよね。お茶やコーヒーを飲むのに本当に必要な量は200~250ml。それだけ湧かせばいいだけなのですが、、、。

ポータブルティーセット

コーヒー派ですか?紅茶派ですか?たまには日本茶もいいものですよね。そこで持ち運びできる使い捨ての器付きティーバッグをご紹介します。

オフィスでカスタムする

濃いめが好きだったり、温度はぬるめがよかったり、コーヒーにも好きずきがあります。しかし会社用のコーヒーメーカーでは同じものしか出せないのが現状ですよね。

フレッシュアイスコーヒー

ホットコーヒーは淹れたての美味しいものをすぐ飲めるけれど、アイスコーヒーとなると、作って、冷やして、時間も手間もかかりますよね。そこで、非常に簡単に作れるアイスコーヒーメーカーを見つけたのでご紹介します。

いつでもどこでも簡単に

エスプレッソって、コーヒーショップに行くか、大きい専用マシンと技術がなければ飲めませんよね。しかしこれさえあれば、いつでも美味しいエスプレッソを楽しめるんです。

お茶でアートする

コーヒーではなく紅茶派の方も多くいらっしゃるかと思います。お湯にティーバッグを入れて取り出して、、ちょっと待って!そのティーバッグ捨てないでください!

メタリックコーヒー豆

買ってきたドリンクが職場に着く前に冷めてしまう、パソコン作業や電話に夢中になってついついほったらかしてせっかく淹れたコーヒーが台無し、猫舌なので少し待たないと飲めない、なんて方に朗報です。

吸入式珈琲

これはなんでしょう? 口紅?電池のバッテリー? このプラスティック容器の中には、、、

手軽にコーヒータイムを

オフィスではどんなコーヒーを飲んでいますか? コーヒーショップで買う?缶コーヒー? 自分でドリップして淹れる、なんて方もいますよね。

健康志向のタンブラー

座り仕事で運動不足になりがち。 食事制限だけしていたりしませんか? 実はドリンクにも結構カロリーがあるんですよ。

パーフェクトな一杯を、あなたに

人はたいてい、自動販売機から何かを買うとき、あまりワクワクした感情は抱かない。水分やカフェイン、その他もろもろの補給ができればいい。会社の自販機前は、スケジュールの合間にエネルギーをチャージするための、刹那な場所にすぎない。

もう絶対こぼさない!

コーヒーを片手に仕事中。 ちょっとしたはずみで、カップの飲み口にたまった数滴がこぼれ落ち、 資料にコーヒーのシミをつけてしまったなんて経験ありませんか? そんな方へ、朗報です。

コーヒーで旅する

すみだ珈琲から出ている、この「THE COFFEE HOUSE」。なかには5つの“コーヒーバッグ”が入っている。器具がなくとも、ティーバッグのようにお湯を注ぐだけでスペシャリティコーヒがー手軽に楽しめるのだ。

おいしい道具

仕事中に欠かせないコーヒー。コーヒーメーカーで淹れたり、最近流行のコーヒースタンドでテイクアウトするのもいいけれど、おいしい豆を買って自分でハンドドリップすると一段とおいしいもの。

coffeeカルチャーの新時代!?

働くシーンとコーヒーの関係性は、非常に密接。 「よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い。」フランスの政治家タレーラン・ペリゴールの残した名言である。