折り曲げ、自由自在。

オフィスにやたらと増えるACアダプター。大きいものを並べてタップに挿そうとすると、お互いの幅が邪魔して入らない! なんてイライラしてしまう。でももうそんな心配はいりません。

使う時だけワンプッシュ

パソコンやプリンターなどがひしめき合う デスクまわりのコンセントはついごちゃごちゃしがち。 使わないコンセントまで差しっぱなしにしていることはありませんか? 使う時と使わない時のオンオフを、ワンプッシュで出来る スマートなコンセントをご紹介。

Battery Box

最近、ワイヤレスマウスやキーボード用の電池、スマホを充電するための電池など、気がつけば電池の消費量が多くなった気がしませんか?

自分サイズの幾何学オフィス小屋!

あなたの裏庭に、自分だけの理想のオフィス空間を建てましょう!今回紹介するのは、幾何学的なオフィス小屋「Tetra Shed」。

近未来のレーザーキーボード

スマートフォンやタブレットPCでの面倒な長文タイピングを、テーブルや机に投影されたレーザーイメージで行えるポータブルキーボード「Epic」。Bluetooth対応なのでアプリをダウンロードする必要もなく、1分間に約350の文字認識なので反応の遅さにイライラすることもないようです。また、キーボードからマウスモードに切り替えればトラックパッドにも早変わりするすぐれもの。

キャットパワーをコントロールする机

1人の人間と、1匹のネコが、街角でばったり出会い、1ルームをシェアして暮らすことになりました。共同生活には妥協がつきもの。といっても、仕事中に相手に邪魔されるのは、あまり気分のいいものではありませんよね。そんなあなたの悩みを解決するのが、こちらの机。その名も「CATable」。

机の上に可愛く鎮座する、くじら!

コンパクトで愛らしいクジラのフォルム、これ実はホチキスなんです。面白い発想が生きた文房具、デスクにちょこんと置きたいですね。

デスクに、異国の風を感じる

つい乱雑になりがちな、デスク周り。機能的である事を前提に置いて、ポイントとしてそのデザインにはこだわりたいところです。異国の香りがなぜかしてくる、そんな体験をあなたに。

スクリーンを、一瞬でクリーンに。

パソコン、スマートフォン、タブレット・・・。情報社会の現代において、私たちとは切っても切れない仲ですよね。夢中になりすぎて、気づけば指紋が!ほこりが!そんなことはありませんか?

都市構想から、オフィス構想へ

オランダの建築家グループMVRDVが、未来型都市モデル「Vertical Village」を発表した。そのコンセプトは、いかにしてスペースのない場所にコミュニティ空間を築き上げるかというものだった。

オフィスで、浮かんでみる

色が色を失っていく時代。オフィスに本当に必要な色は赤だ、と思うことがよくある。白と、グレーと、黒だけで、果たして仕事ははかどるのだろうか。赤は、大統領のタイの色、情熱の色、信頼の色、そして何より人を惹きつける色である。

デスクに浮く、”小島”

「テーブルアイランド」と呼ばれるこちらは、その名の通り海に浮く“島”のようなフォルムを持つ機能的な収納スタンド。

頭上ジャングル

オフィスに緑を加えたい。そんな要望を持ちつつも、意外と場所をとってしまったり、邪魔になってしまう瞬間もあったりで、端の方にぽつんと追いやられてしまっている植物をみた事がある。視界にいつも緑を!と望む方にはもってこいのアイテムのご紹介だ。

仕事中でも自然を感じられる指輪

苔を育てながら指輪としても使える「moss ring」。パソコン作業中、ふと自分の指に目をやるとそこには小さな苔の森。なかなか自然を感じることが少ない職場では、癒されること間違いなし。

レンズのキーホルダー?

左端にかかっているのは、 精巧に作られたレンズのキーホルダー? いえいえ、こちらはSONYのあるアイテムです。

PCデスクへ早変わりする超機能的バッグ

仕事でノートパソコンを常に持ち歩いているという方に おすすめのアイテムがあります。 見た目は、一見普通の革製のバッグ。 しかし中を四方に広げると目に飛び込んでくるのは、 センターのパソコンを両サイドについ立てのようにポケットが囲む まるで小さなデスク!

オフィスに、泡が立った

それは大きな至極の泡。クリアでクールな球体。中に一人ずつ入っては、ぷかり、ぷかりとリラックスできる不思議な彫刻。

即席プライベートスペース

一緒に働く仲間とのコミュニケーションはとても大切。仕事の内容が大きくなればなるほど、一人では解決できないことが増えていく。でも、どうしても仕事中に一人で集中したい時もありますよね。

ほこりが溜まる前に蓋をしよう?

仕事をする上で欠かせなくなったインターネット。しかし、それによって困るのは増える電源タップやACアダプター。絡まりやすいケーブル類は足元に置くと足に引っかかり転びそうになるし、かといって机上に置くと作業スペースが狭くなります。ほこりも溜まりやすいですよね。

USB? スピーカー? いえいえ。

これはいったい何でしょう。大きさとカタチからはUSBメモリを連想させますが、どうやら違うみたい。小さな穴がたくさん空いているから、スピーカー? いえいえ、仕事の時間をほっと和ませてくれる、アレに使うものなのです。

アイディアを書きとめるデスク

ふせんが誕生したのは1980年のこと。アメリカの化学メーカー3Mが、ポスト・イット (Post-it) の販売をはじめた。そんなふせんが、机として姿を変えようと誰が想像していただろう。

“オフィスに香る、大人の遊び心”

一日の大半をオフィスで過ごしている方も少なくはないはず・・・皆さんのデスク周りやオフィス内に、ちょっとした遊び心は生きていますか?心地よい空間作りだけでなく、そこに遊び心も活かすことが出来たら素敵ですよね。

大事なものは挟んで管理

机の上を綺麗に維持する為に、皆さんはどのような管理をしていますか? PCでデータ管理にてペーパーレス。キャビネットを傍らに添えて引き出しにインする。などなど、でもこちらのデスクは更に1歩進んだニュータイプ。 何でも挟めるなんともユニークなデスクのご紹介です。

懐かしのレトロな電卓

ビジネスマンなら、1人1台は持っている電卓。高性能の電卓もいいけれど、たまに使うくらいなら、おもしろい電卓でもいいんじゃないか。

手のひらに広がる可能性

スマートウォッチやGoogleGlass等で期待の高まる「ウェアラブル・デバイス」に更なる新しい波がやってくるかも!? Predictablesは現在試作段階ですが、腕時計型の小さなプロジェクタを使って手のひらに画面を投影。手のひらをタップすれば、スマートフォンの感覚で操作もできる代物。 動画をみてみるとかなり期待度も高まります。

シャツをつくろう

真冬の寒さを越え、少しずつあたたかな陽射しを感じる今日この頃。 シャツ一枚で過ごしたくなる季節も もうすぐです。 シャツが好きなのに、肩幅や袖の長さが合わず 選択肢が狭くなってしまうという方、少なくないはず。 ならば、自分にぴったりのシャツを作っちゃえ、ということで 京都に本店を構えるモリカゲシャツをご紹介。

履き心地で選ぶルームシューズ

みなさんオフィス内の足元はどうしていますか? スリッパやサンダルなど履いている方、 はたまた靴を脱いでデスクでは裸足になっちゃうなんて方も いらっしゃるのではないでしょうか?

上がデスクで、下がベッド。備えよ常に!

先日ご紹介した「WorkBed」に続き、デスクがベッドに早変わりする第2弾。 これは、かなり快適そうです。更にマットも通常は側面にスライドしているので、傷みにくそうでもある。万が一の徹夜に備え、万全の体制が整います。

見た目は聖書、中は小物入れ。

聖書や辞書を思わせる分厚い本。 こちら、じつはスタッシュケースなんです。

表がデスクで、裏がベッド。その名も「Workbe...

しょうがなくオフィスに泊まる際には、みなさんはどの様にしているだろうか。 机に屈服して仮眠をとる。椅子をかき集めて横になる。思い切って床に寝る。 数時間の仮眠とはいえ、せっかく寝るのであれば、ちゃんと疲れをとりたい。そんな希望を叶えるアイテムがこちら。ぐるりとひっくり返したら、オフィスにベッドが登場。即席の寝室が出来上がります。